Watch

ホリプロ×ドワーフ《YouTube配信 オリジナルミュージカル ショートムービー》制作決定!コロナ禍における演劇の新プロジェクトが動き出す!

ボイスキャスト(左から) ギョロ:柿澤勇人/おじいちゃん:鹿賀丈史/ママ:濱田めぐみ/タクト:中村海琉
©ホリプロ


(左から) 構成・脚本・歌詞:宮本亞門/演出:春山“デビ”祥一/キャラクターデザイン:合田経郎/作曲・編曲:ジェイソン・ハウランド
©ホリプロ


“逆風の時こそ新しい挑戦を!”をテーマに、昨年6月、世界に向けた“オリジナル・ミュージカル”の創作を目指し才能豊かなクリエイターを見出す「ミュージカル・クリエイター・プロジェクト」が始動。

日本から世界へ発信する作品の創り手の候補として、ミュージカル脚本と作曲の二つの部門で応募を募ったところ、日本国内のみならず、世界中から予想をはるかに超える500以上の応募が集まった。

その中から選び抜かれた才能あるクリエイターを起用し、文化庁が推進する文化芸術収益力強化事業の一環として新たな作品を発表することになった。

「演劇」「劇場」の素晴らしさを改めて感じてほしいという願いを込め、NHKのキャラクター『どーもくん』、NHK連続テレビ小説『スカーレット』のオープニング映像、フランスでロングラン上映された『こまねこ』や、Netflixオリジナルシリーズ『リラックマとカオルさん』など、世界でも有数のコマ撮りアニメーションを手がけるドワーフ(株式会社xpd)がホリプロとタッグを組み、ミュージカルと映像のコラボレーションという新しいジャンルに挑戦する。

物語の登場人物:タクト(中村海琉)、ギョロ(柿澤勇人)


物語は、劇場に行ったことのない少年が、劇場が大好きだったおばあちゃんの遺品のオペラグラスを見つけることから始まる。

オペラグラスのキャラクター「ギョロ」が、楽しく歌い踊る姿は、本作の見どころだ。

この「ギョロ」が歌う楽曲を、ミュージカル・クリエイタープロジェクトから選ばれた岩城直也が作曲する。

キャラクターデザイン画


さらに、ブロードウェイの作曲家ジェイソン・ハウランドが新曲を提供、全編の編曲も担当する。

構成・脚本・歌詞を手掛けるのは、日本を代表する演出家の宮本亞門。

映像演出はミュージックビデオの演出で定評のある春山“デビ”祥一氏が手掛け、キャラクターデザインはドワーフの合田経郎が担当する。

鹿賀丈史、濱田めぐみ、柿澤勇人、中村海琉らミュージカル界を代表する豪華ボイスキャストにも注目だ。

ムービーはホリプロステージYouTubeチャンネル他にて3月31日(水)より配信予定。

https://www.youtube.com/user/hpot001

 

オリジナルミュージカル ショートムービー『劇場へ』(仮題)

視聴方法:ホリプロステージYouTubeチャンネル 他

配信開始日(予定):2021年3月31日(水)

〈ボイスキャスト〉

おじいちゃん/鹿賀丈史

ママ/濱田めぐみ

ギョロ/柿澤勇人

タクト/中村海琉

〈スタッフ〉

構成&脚本&歌詞:宮本亞門

映像監督:春山“デビ”祥一

音楽監督&作曲&編曲:ジェイソン・ハウランド(ミュージカル『生きる』)

作曲:岩城直也(「ミュージカル・クリエイター・プロジェクト」選出)

キャラクターデザイン:合田経郎(ドワーフ)

プロデューサー:

松本紀子(ドワーフ)/小嶋俊介(xpd)/梶山裕三(ホリプロ)/井川荃芬(ホリプロ)

映像制作・キャラクター開発:ドワーフ

企画制作:ホリプロ

 
pagetop