Watch

【京極夏彦、日笠陽子、間島淳司等出演!】妖怪馬鹿たちの爆笑「ひどい民話」トーク&人気声優陣の幻想的な朗読劇。『怪と幽presents萬國妖怪博覧会』8月14日(土)リアル&オンラインにて開催! 



お化け好き必見のスペシャルイベント『怪と幽presents萬國妖怪博覧会』が、2021年8月14日(土)、ところざわサクラタウンにて開催される。

オンラインでの生放送に加えて、イベントの雰囲気を直接体感できるリアル参加チケットの追加販売も開始された(先着30名)。ほか、今回のイベントのためだけの豪華特典付きチケットも用意されている。

『萬國妖怪博覧会』のメインイベントは2つ。

まずは、お化け好きに贈るエンターテインメント・マガジン『怪と幽』の豪華執筆陣(京極夏彦、村上健司、多田克己、黒史郎)が全国各地に伝わる残念な民話を面白く発表し合う「ひどい民話を語る会V3」。

そして、2人の大人気声優、日笠陽子と間島淳司の語りに、幻想的な音や映像を加えて織りなす朗読イベント「トワイライト・リーディング 怪異奇譚」。

『萬國妖怪博覧会』では、メインイベントのほかにも、岩手県、徳島県、鳥取県の3県の知事による「怪」な魅力紹介や、岩手の伝統芸能「鹿踊り」や「遠野の語り部」動画、徳島の妖怪人形劇「大ぼけ妖怪一座」の公演の様子、さらには琉球歌謡のレジェンドで、今年1月に逝去された大城美佐子氏の最後のライブ用歌唱映像(初公開)など、盛りだくさんで開催される。公式サイトも要チェックだ。

 

■『怪と幽presents 萬國妖怪博覧会』公式サイト:

https://kadobun.jp/special/yokwai-expo2021/

◎チケット情報や購入はこちらから

電子チケット販売プラットフォーム「ZAIKO」(https://zaiko.io/):

https://kadokawa-ipccontents.zaiko.io/_item/341551

 

【『怪と幽presents萬國妖怪博覧会』イベント詳細】

「ひどい話を語る会V3」



京極夏彦、村上健司、多田克己、黒史郎――妖怪馬鹿+αが語る“ひどい民話”とは!?

大好評の「ひどい民話を語る会」が、登壇者に黒史郎氏を加え、パワーアップ。

「怪と幽」vol.007の特集「民話LOVE」で好評を博した「民話」の世界を、よりディープに楽しむトークイベント第2弾。

前回(2020年9月)開催された「ひどい民話を語る会」の様子


全国各地の人々が語り伝えた「民話」のなかには、残念で、シュールで、手に負えない……そんな「ひどい民話」が数多く存在する。妖怪と民話を愛好する4人が縦横無尽に語らう。腹筋崩壊にご注意を。

通常のオンラインチケットに加え、ここでしか手に入らない『怪と幽』スペシャル扇子が付いてくるサイン入り特典付きチケットと、さらに秘密の特典がついてくるリアル参加チケットも販売中だ。

出演者:京極夏彦、村上健司、多⽥克⼰、黒史郎

開催⽇時:2021年8⽉14⽇(⼟)15:25~17:00 ※15:00より入場案内/配信オープン

 

湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)開館二周年記念

「トワイライト・リーディング 怪異奇譚」



異様で不思議な朗読イベント。それが「トワイライト・リーディング 怪異奇譚」。

⽇笠陽⼦と間島淳司、二人の大人気声優によって交互に語り継がれる朗読が、逢魔時の不思議な⼒を呼び込む。妖しくも美しい、声と映像で奏でられる幻想的な物語に、誰もが魅了される。

上演されるのは、あの⼩泉⼋雲(ラフカディオ・ハーン)の『怪談』の中で最も残酷な結末の物語といわれる「幽霊滝の伝説」と、江⼾時代中期の広島県三次市を舞台に、次々と現れる妖怪と若き侍との奇妙な体験を描く怪異譚「稲⽣物怪録」。今回のイベントのために新たに脚色され、現代に蘇った2つの物語を楽しみたい。

通常のオンライン配信チケットのほか、ここでしか手に入らない日笠陽子・間島淳司のサイン入り複製台本(※サインは印刷。一部ランダムで直筆サイン入り)が付属する特典付きオンラインチケットも販売。また、不思議な幻想空間を直接体感できる、リアル参加が可能なプレミアムチケットも限定販売中だ。

出演者:日笠陽子、間島淳司(※昼の部のみゲスト:湯本豪一)

開催⽇時:

2021年8⽉14⽇(⼟)

【昼の部】13:00~14:30 ※12:30より入場案内&配信ページオープン

【夜の部】18:30~20:00 ※18:00より入場案内&配信ページオープン

 
pagetop