Watch

映画『私をくいとめて』のん×橋本愛のオリジナルコメント入り予告編が書店店頭で放映中!



ロングランを記録した映画『勝手にふるえてろ』の、原作=綿矢りさ×監督・脚本=大九明子のゴールデンコンビで贈る、映画『私をくいとめて』が2020年12月18日(金)より全国公開となる。

 

ヒロイン・みつ子に扮するのは、劇場アニメ『この世界の片隅に』(16)で主人公・すずの声を演じ、活動の幅を広げる女優、創作あーちすと・のん。みつ子が恋する腹ペコ年下男子・多田くんを演じるのは、現在放送中の「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・CX)出演のほか、映画でも多数公開待機作を控え、今最も熱視線が注がれる実力派俳優・林遣都。結婚しイタリアで暮らすみつ子の親友=皐月には、のんとは朝ドラ以来7年ぶりの共演となる橋本愛。さらに臼田あさ美、片桐はいりといった実力派役者陣や、本作で映画初出演となる若林拓也も存在感を発揮。

令和を生き抜く女性たちに容赦なく突き刺さる、わかりみが深すぎる崖っぷちのロマンスを彩る作品だ。

 

12月18日の公開を前に、のんと橋本愛の二人によるオリジナルコメント入りの映画予告編動画が、書店店頭で放映を開始。

二人の息の合った掛け合いを、書店店頭でも注目したい。

※放映の有無・時期は各書店により異なります

 

【『私をくいとめて』 作品紹介】

脳内に相談役=「A」を持ち、充実した“おひとりさまライフ”を楽しむ、31歳・みつ子(のん)。Aと一緒に過ごす、快適なおひとりさま生活に慣れ切っていたみつ子だったが、ときどき会社へ営業にやって来る年下男子・多田くんに“予期せず”恋に落ちる。失恋すれば巨大なダメージをくらう31歳“崖っぷちの恋”に、「A」と共に勇気を出して一歩踏み出していくが…。

 

【原作】

『私をくいとめて』(朝日文庫)発売中

著者:綿矢りさ

価格:640円+税

https://www.amazon.co.jp/dp/4022649496



 
pagetop