Watch

【TAAF2021】オープニング作品『カラミティ』日本語吹替え版 ジャパンプレミア上映を記念して、若手からベテランまで声優4名の登壇決定!!



2021年3月12日(金)から15日(月)までの4日間、池袋にて開催される国際アニメーション映画祭《東京アニメアワードフェスティバル2021(TAAF2021)》。

オープニング作品『カラミティ』日本語吹替え版 ジャパンプレミア上映の登壇キャストが発表された。



『カラミティ』は、西部開拓史上、伝説の女性ガンマンと知られる〈カラミティ(厄介者)・ジェーン〉ことマーサ・ジェーン・キャナリーの少女時代を描いた物語。

TAAF2016にてグランプリを受賞し、一昨年に日本公開されスマッシュ・ヒットとなった『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』のレミ・シャイエ監督最新作だ。



輪郭線を廃し、あたかも美しい絵画のような美しいシーンに波乱万丈な冒険談を織り込む作風に更に磨きがかかっていると各国の映画祭で評価されており、アヌシー国際アニメーション映画祭2020では、クリスタルを受賞している。



今回の『カラミティ』ジャパンプレミア上映では、日本語吹替え版を担当した声優4名の登壇が決定。

困難に立ち向かいながら自立していく主人公・マーサを演じる期待の若手声優・福山あさき。昨年公開のルーマニア・フランス他アニメ『マロナの幻想的な物語り』の「通行人」役からの大抜擢で、少女から芯の強い大人の女性への変貌を演じている

マーサの弟エリージャを演じる木野日菜は、『刀使ノ巫女』の糸見沙耶香役、『あそびあそばせ』の本田華子役など、人気作品のキャラクターを多く演じている人気声優の一人。

マーサと微妙な関係のイーサンを演じる畠山航輔は、『BORUTO-ボルト– NARUTO NEXT GENERATIONS-』コオロギ、『有頂天家族』銀閣、『スペース☆ダンディ』ビーなど、多数の人気作品に出演中。

マーサの友人・イブの父親を演じるベテラン声優の上田耀司は、多数のアニメ作品への出演だけでなく、ドラマや映画の吹替え版にも多数出演している大ベテランだ。

 

オープニング作品 『 カラミティ 』



上映日時:3 月14日(日)17:00~19:00

会場:TOHO シネマズ 池袋

料金:1,200 円 (一般・学生以下共通 当日券は 200 円増し)

※当日券を含めオンライン販売のみ

詳細:https://animefestival.jp/screen/list/2021special01

 

©2020 Maybe Movies ,Nørlum ,2 Minutes ,France 3 Cinéma

 

 

《東京アニメアワードフェスティバル2021(TAAF2021)》



日程:2021年3月12日(金)〜15日(月)

会場:東京都・豊島区池袋

公式HP:https://animefestival.jp/ja

 
pagetop