Watch

東京アニメアワードフェスティバル2021 アニメ功労部門顕彰者決定! TAAF2021 新 PV 公開!!

2021年3月12日(金)から3月15日(月)までの4日間、池袋にて開催される国際アニメーション映画祭『東京アニメアワードフェスティバル 2021(TAAF2021)』。

アニメーション産業・文化の発展に大きく寄与した方を顕彰する「アニメ功労部門」8名が発表された。



今回顕彰されるのは、

・スタジオジブリ全作品をプロデュースしてきたアニメーション界の名プロデューサー・鈴木敏夫さん。

・『ちびまる子ちゃん』など、国民的作品を生み出した漫画家・さくらももこさん。

・『タイムボカンシリーズ』『ドラゴンボールZ』などギャグからアクションまで幅広いジャンルで活躍した脚本家・小山高生さん 。

・『機動戦士ガンダム』を生み出し総監督を務めるなど、日本の巨大ロボットアニメに新時代を切り開いた演出家・富野由悠季さん。

・宮崎駿、高畑勲両監督から信頼を置かれ、人物や動物たちを繊細に動かしてきた名アニメーター・才田俊次さん。

・スタジオジブリ作品をはじめ数々のアニメーションに携わり、作品の質の向上に多大な貢献をした名編集者・瀬山武司さん。

・数千作品のスタジオコーラス、CMソングに携わり、魅惑の歌声でアニメーションに潤いを与えた、スキャットの女王・伊集加代さん。

洋画の吹き替えのみでなく、『赤毛のアン』のナレーターから『銀河英雄伝説』のシェーンコップまで、話芸としての声優の道を切り開いた声優・羽佐間道夫さん。

TAAF2021の会場では、顕彰者の紹介展示や特別プログラムの実施を予定している。

 

併せて、TAAF2021 PVも初公開。

PV映像は昨年に引き続き、『君の名は。』『おそ松さん』『天気の子』『ジョゼと虎と魚たち』など数多くのアニメーション作品の予告編を手がけている映像ディレクター・依田伸隆さん(10GAUGE)が制作。

更に、功労部門受賞者である声優の羽佐間道夫さんがナレーションを務める。

■TAAF2021 PV:



 

〈羽佐間道夫さん コメント〉



TAAFは、前身の「東京国際アニメフェア」時代から携わっていた、とても思い入れの深いイベントです。アニメ功労部門の賞を頂戴し、PVのナレーションも担当させていただくことになり、大変光栄に感じています。 東京国際アニメフェアで声優のステージをプロデュースしていた、あの頃を思い出しながら挑ませて頂きました。お送りいただいた映像に仮で入っていたナレーション(ディレクター依田さんの声)がとても良かったので、負けないように、と力を注ぎました。

依田さんとの雑談の中から生まれたアイデアを活かして、アドリブ入りのちょっと面白いバージョンも作らせていただきました。ぜひ皆さんにこのPVを、様々な場所で見て聞いて頂けることを願っています。

 

《東京アニメアワードフェスティバル 2021》



日程:2021年3月12日(金)~3月15日(月)

会場:東京・池袋

公式HP:https://animefestival.jp/ja/

 

■東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)とは

2021年に8回目の開催となる国際アニメーション映画祭。

「次世代のアニメーション制作を担う人材の発掘・育成等を行い、東京のアニメーション文化と産業の発展・振興を図ること」及び「東京の魅力を発信し、東京の観光振興に資すること」を目的としている。

『東京がアニメーションのハブになる』を合言葉に、高いクオリティとオリジナリティに富む世界中の作品を東京で上映し、世界中のアニメーションを愛する人々との交流を図ること、クリエイターや観客に刺激と感動を提供すること、そしてその感動や刺激を糧にアニメーションの新たな波を東京から世界へ発信することを目指している。

 

©TAAFEC. All Rights Reserved.

 
pagetop