Watch

【国立映画アーカイブ】1/10スケールの『羅生門』セット再現模型を展示!

main

国立映画アーカイブでは、7階展示室にて「公開70周年記念 映画『羅生門』展」を開催中だ。

10月20日からは、1階ロビーにて『羅生門』セット再現模型の展示も開始した。

こちらの模型は無料で閲覧できる。

(7階展示室で開催中の「公開70周年記念 映画『羅生門』展」は有料。但し、2020年11月3日(火・祝)「文化の日」は、展覧会も無料。詳細は公式HPで確認できる)

 

sub1sub3sub2

『羅生門』セット再現模型は、日本映画・テレビ美術監督協会の創立80周年を記念して制作。当時の図面が存在しないことから、映画美術監督の安藤篤氏が実際の映画の画面を分析して再設計したもので、1/10スケールで再現されている。

なおこの模型は2020年2月、「映画のまち 調布シネマフェスティバル2020」にて初展示された。(制作・提供 日本映画・テレビ美術監督協会)

 

sub4 sub5

また、展覧会公式図録「公開70周年記念 映画『羅生門』展」(定価2,400円+税)も発売された。全国の書店・各ネット書店で販売中。国立映画アーカイブでは1階受付で購入できる。

 

【公開70周年記念 映画『羅生門』展】

会期:2020年12月6日(日)まで

会場:国立映画アーカイブ 展示室(7階)

観覧料:一般250円/大学生130円/シニア・高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料

公式HP:https://www.nfaj.go.jp/exhibition/rashomon2020/
pagetop