Watch

WOWOWオリジナルアニメ『火狩りの王』が製作決定!

『火狩りの王』
原作:日向理恵子/絵:山田章博/発行:ほるぷ出版


 

『火狩りの王』は、『雨ふる本屋』などで知られる日向理恵子による長編ファンタジー。 “火”をテーマに、人類最終戦争後の世界で生きる子供たちが、多くの困難に直面しながらも、懸命に生きていく姿を描いている。独創性溢れるファンタジーでありながら、その深いテーマ性に多くの読者が心打たれた作品だ。 ​

 

今年9月に第4巻が刊行されたばかりの『火狩りの王』が、この度、WOWOWでアニメ化されることが決定した。 ​

繊細で躍動感のある物語がアニメーションによりどのように表現されるのか期待したい。​

放送に関する詳細は追ってWOWOW公式サイト上にて発表予定。​

 

【原作紹介】​

日向理恵子による長編ファンタジー『火狩りの王』シリーズ(ほるぷ出版刊 既4巻)。​

人類最終戦争後の世界。大地は黒い森におおわれ、人々は、天然の火に近づくと身体が燃え上がる人体発火病原体に侵されていた。この世界の火は森に棲む黒い獣、炎魔を狩って採れる。炎魔狩りをする火狩りたちの間で、最近囁かれるあるうわさがあった。”虚空を彷徨っていた人工の星、千年彗星〈揺るる火〉を狩った火狩りは、火狩りの王と呼ばれるだろう”と…。​

物語の主人公は村育ちの少女、灯子(とうこ)と、首都の元学生、煌四(こうし)。本来出会うはずのない二人の出会いが、世界の運命を変えていく。​

 

【原作者・日向理恵子さんからのコメント】​

「火」をテーマにした大きな物語を書きたいと思い、『火狩りの王』を書きはじめました。「生きろ、生きろ」と念じながら、物語を紡ぎました。​

観る者に生の豊かさを思い出させることが、アニメーションの持つ大きな力だと思っています。​

その力をもらった灯子たちを応援できることが、とてつもなくうれしく、畏れ多く、期待でいっぱいでおります。読者さまたちにも、どうか一緒に見守っていただけますように。​

 

原作:日向理恵子(ひなた りえこ)​

児童文学作家。主な作品に累計28万部の『雨ふる本屋』シリーズ、​

『魔法の庭へ』(いずれも童心社)、『日曜日の王国』(PHP研究所)など。​

日本児童文学者協会員。 ​

 

​絵:山田章博(やまだ  あきひろ)​

漫画家、イラストレーター。京都精華大学マンガ学部客員教授。主な漫画に『ロードス島戦記〜ファリスの聖女〜』(水野良原作、KADOKAWA)、挿絵に『十二国記』シリーズ(小野不由美著、新潮社)、『ドリームバスター』シリーズ(宮部みゆき著、徳間書店)、アニメーションでは『十二国記』(キャラクター原案)、『ラーゼフォン』(キャラクターデザイン)など作品多数。 ​

 

アニメーション制作:シグナル・エムディ​

IGポートグループ会社として2014年10月設立。​

設立当初からデジタル作画を中心としたデジタル技術を駆使して劇場作品、TVシリーズ等と幅広いジャンルのアニメーション作品の制作を行っている。​

代表作品としては『ひるね姫~知らないワタシの物語~』『バースデー・ワンダーランド』 『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』『はなかっぱ』等。



【番組情報】​

WOWOWオリジナルアニメ『火狩りの王』​

放送日:後日発表​

原作:日向理恵子​

絵:山田章博​

アニメーション制作:シグナル・エムディ​

 

【番組サイト】

https://www.wowow.co.jp/hikari/

 
pagetop