Watch

東京国立博物館・文化財活用センター・凸版印刷、バーチャルトーハクを開設。『時をかける少女』の特別展を開催!



東京国立博物館・文化財活用センター・凸版印刷は、バーチャル空間に「バーチャル東京国立博物館(以下 バーチャルトーハク)」を開設。アニメーション映画『時をかける少女』のスタジオ地図・細田守監督とのコラボレーション企画であるバーチャル特別展《アノニマス ―逸名の名画―》を、2020年12月19日(土)から開催する。

バーチャル特別展「アノニマス ―逸名の名画―」(イメージ)


 

本展覧会は東京国立博物館の一部を「バーチャルトーハク」として、バーチャルSNS「cluster」(※)のバーチャル空間内にCGで再現。その空間内に『時をかける少女』の劇中シーンのために企画された、現実では実現できない特別展「アノニマス ―逸名の名画―」を出現させるもの。

ユーザーはclusterのプラットフォームを通して自由にその空間内を歩き回り作品を鑑賞することができる。

14年経っても色褪せることのない『時をかける少女』の世界観と、時代を超えて愛される日本美術を楽しむことができるバーチャル特別展となる。

(※)バーチャルSNS「cluster」

「cluster (クラスター)」は、スマートフォンやPC、VR機器など様々な環境からバーチャル空間に集って遊べる、マルチプラットフォーム対応のバーチャルSNS。

 

また、公開前日の12月18日(金)には本展覧会公開記念として、バーチャル特別展の会場内にてトークイベント「時をかける日本美術」を開催。細田監督と東京国立博物館の松嶋雅人研究員がclusterアバターで登場し、『時をかける少女』をはじめとする現代アニメーションと日本美術の関係についてのトークセッションを実施する。

 

■バーチャル特別展《アノニマス ―逸名の名画―》

イベント会場イメージ


会場:バーチャルトーハク 特別展示室 (cluster内)

期間:2020年12月19日(土)~2021年2月28日(日)

入場料:290円(税込)

※購入方法によって価格の変動あり。詳細はイベント特設サイトにて確認

特設サイト:https://virtualtohaku.jp/anonymous2020_exhibition/

 

■バーチャル特別展《アノニマス ―逸名の名画―》公開記念イベント

【細田守×松嶋雅人「時をかける日本美術」】



会場:バーチャルトーハク 大階段&特別展示室(cluster内)

日時:2020年12月18日(金) 19:00~20:30

料金:1,100円(税込)

※購入方法によって価格の変動あり。詳細はイベント特設サイトにて確認

※バーチャル特別展《アノニマス》のガイドツアーも実施予定

チケット発売日:2020年11月18日(水)15:00より販売開始

チケット購入方法:インターネット販売

※購入方法はイベント特設サイトで確認

定員:5,000名(予定数に達し次第、販売終了)

イベント特設サイト:https://virtualtohaku.jp/anonymous2020_exhibition/

 

■アニメーション映画『時をかける少女』

©「時をかける少女」製作委員会2006


2006年7月15日に公開された細田守監督による劇場用アニメ-ション。筒井康隆(つつい やすたか)氏の同名小説が原作。各国の映画祭などで多くの賞を受賞するなど、高い評価を受けた。

ストーリー展開の鍵となる、同作品内で登場する博物館は、東京国立博物館がモデル。

《アノニマス ―逸名の名画―》は、劇中、博物館で開催されている企画展示でもある。

 

 

 
pagetop