Watch

今年で45周年『王家の紋章』初の大型フェアとなる複製原画展が帝国ホテルプラザ東京で8月5日から開催!



今年連載45周年を迎える『王家の紋章』(細川智栄⼦あんど芙〜みん/月刊プリンセス連載)の複製原画展が、2021年8月5日(木)〜10月14日(木)まで、帝国ホテルプラザ東京2F「Collection.jc(コレクション ドット ジェイシ―)」にて開催される。

複製原画は3つのテーマで、期間中入れ替えで展示予定だ。

同じく8月5日から始まる帝劇ミュージカル『王家の紋章』とのタイアップ企画や「帝国ホテル東京」の来場特典も実施。

会場ではフォトスポットやメッセージボードなど、来場者がその場で楽しめるコンテンツも用意。複製原画およびグッズの販売も行われる。

世代を超えて、長く愛され続けてきた本作の魅力を味わえる展覧会となっている。

 

複製原画展『王家の紋章ミュージアム』

開催期間:8月5日(木)~10月14日(木)11:00~19:00 無休・入場無料

展示スケジュール:

・8月5日(木)〜「キャラクターソロ 編」

・9月3日(金)〜「渦巻く愛憎劇 編」

・10月1日(金)〜「メンフィス キャロル愛の軌跡 編」

※期間中入れ替えで展示

場所:帝国ホテルプラザ東京 2F「Collection.jc」

東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルプラザ2F

日比谷駅 徒歩3分/銀座駅 徒歩5分/JR有楽町駅 徒歩5分

特設サイト:https://oukemuseum.com/

 

■来場特典

ミュージカル『王家の紋章』の鑑賞者、もしくは複製原画展での商品購入者を対象に、もれなくオリジナルポストカードが配布される。



※ひとり1回(1枚)まで

 

■ミュージカル『王家の紋章』写真展も実施

8月5日から始まる帝劇ミュージカル『王家の紋章』の上演を記念し、豪華出演者の「写真パネル展」も実施する。



開催期間:8月5日(木)~8月28日(土)11:00~19:00

無休・鑑賞無料

開催場所:帝国ホテルプラザ東京 館内

 

■帝国ホテル東京とのコラボ

ミュージカル『王家の紋章』の鑑賞者と複製原画展の来場者を対象に、帝国ホテル本館1階「パークサイドダイナー」、「ランデブーラウンジ」の利⽤代⾦の10%割引と、オリジナルコースターをプレゼント。



期間:8月5日(木)~10月14日(木)まで

特典:利⽤代⾦の10%割引、オリジナルコースタープレゼント

対象①:複製原画展での購入者(当日のレシートを提示)

対象②:帝劇ミュージカル『王家の紋章』鑑賞者(チケット半券を提⽰。電子チケット可)

※ワンドリンクごとに、全4種から1点プレゼント(ランダム)



 

■複製原画およびグッズの販売



(1)複製原画の販売

『王家の紋章』複製原画の販売を実施。3つのテーマで、期間限定販売となる。

【販売スケジュール】

・「キャラクターソロ編」

店頭予約期間:8月5日~9月2日/お届け時期:9月下旬から順次発送

オンライン予約期間:9月3日~9月30日/お届け時期:12月上旬から順次発送

・「渦巻く愛憎劇編」

店頭予約期間:9月3日~9月30日/お届け時期:10月下旬から順次発送

オンライン予約期間:10月1日~10月31日/お届け時期:12月上旬から順次発送

・「キャロルとメンフィス愛の軌跡 編」

店頭予約期間:10月1日~10月14日/お届け時期:11月上旬から順次発送

オンライン予約期間:10月15日~11月14日/お届け時期:12月上旬から順次発送

 

(2)グッズの販売

本展のために新たに制作したオリジナルグッズを会場で販売するほか、オンラインショップでも8月5日(木)から予約開始。

(オンラインショップは10月下旬から順次発送)

 

また、複製原画の展示スケジュールに合わせて、新たなグッズを多数追加予定。

詳しくは特設サイトやオンラインショップで告知される。

特設サイト:https://oukemuseum.com/

オンラインショップ:https://www.collectionjc.com/

 

『王家の紋章』について

〈概要〉

エジプトに留学し、大好きな考古学を学ぶキャロル・リードは16歳のアメリカ人。

ある日、リード家が出資した事業で古代エジプト王・メンフィスの墓を暴いたため、キャロルはメンフィスの姉・女王アイシスの呪いで3000年の時を超え、古代エジプトにタイムスリップしてしまう。

金髪碧眼、そして考古学の深い知識と21世紀の叡智を持つキャロルは、古代エジプトで“ナイルの娘“として崇められるようになる。

若き王・メンフィスに当初は反発していたキャロルだが、次第に彼に惹かれ、深く愛するように。

メンフィスと結婚し、エジプトの王妃として古代に留まる決意をしたキャロルだが、諸外国の王たちが“未来を語る“キャロルを手に入れようと動き出すなど、いくつもの危機が立ち塞がり…!?

2016年8月にミュージカル化され、帝国劇場にて上演。好評を博し、2017年4月に帝国劇場、5月には大阪・梅田芸術劇場にて再演を果たす。更に新たなキャストを迎え、2021年8月に帝国劇場、9月に福岡・博多座にて再々演が決定!

累計発行部数4,000万部、ナイルの河が繋ぐ3000年の時を超えた愛の大河ロマン!

 

『王家の紋章』

著者:細川智栄⼦あんど芙〜みん

『月刊プリンセス』(毎月6日発売/秋田書店)にて連載中。

今年10月号(9月6日発売)で連載45周年を迎える。

公式ツイッター:@ouke_carol

© 細川智栄⼦あんど芙〜みん(秋⽥書店)1977

 
pagetop