Watch

生田斗真×広瀬すずで贈る究極の純愛ストーリー『先生!、、、好きになってもいいですか?』がdTVで独占配信スタート!

先生と生徒の切ない純愛を描き、累計発行部数570万部を突破した川原和音の伝説的少女マンガを実写映画化。

ピュアな初恋に誰しもの心が震える名作『先生!、、、好きになってもいいですか?』が、映像配信サービスdTVで独占配信スタートした。

©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会


先生と生徒の禁断の恋愛という普遍的テーマを描いた原作の実写化に挑んだのは、『アオハライド』や『青空エール』など、少女マンガの実写化を多く手掛けてきた三木孝浩監督。

数々の青春恋愛映画を生み出してきた三木監督により、生田斗真と広瀬すずという豪華な顔合わせが実現した。

生田斗真が演じるのは、ボサボサ頭にメガネ姿の世界史教師・伊藤。

広瀬すずが演じる真面目な女子高生・響は、ぶっきらぼうな伊藤がふいに見せる優しさに惹かれていく。

個性的な作品でさまざまな役柄を演じてきた生田斗真は、久しぶりの純愛作品に挑戦し、心惹かれずにはいられない大人の色気を存分に体現。

恋に翻弄されて戸惑う姿を表現する広瀬すずの透明感にも目を奪われる。

ほかにも、明るい性格で響を支える親友・千草恵役の森川葵。同じく響の友人・河合浩介役の竜星涼。響に想いを寄せる他校の生徒・藤岡勇輔役の伊藤健太郎など、実力派若手俳優も勢揃い。

さらに、河合が片思いする女教師・中島幸子役の比嘉愛未。千草が憧れる担任教師・関矢正人役の中村倫也ら、教師側の恋模様も見逃せないところ。

 

「先生への憧れ」は、果たして恋なのか、気の迷いなのか――響と伊藤の関係を軸に、複雑に絡み合う登場人物たちの感情、それぞれの胸キュンポイントにも注目だ。

心が洗われる尊い純愛の世界に、思いっきり浸ってみてはいかがだろうか。

 

『先生!、、、好きになってもいいですか?

〈あらすじ〉

高校2年生の響(広瀬すず)は、まだ恋を知らないちょっぴり内気な女の子。楽しそうに恋バナに花を咲かせるクラスメイトの恵(森川葵)や浩介(竜星涼)を、どこか不思議な気持ちで眺めている。そんな響が初めて好きになった人は、世界史の伊藤先生(生田斗真)。めったに笑わない不愛想な先生だけど、授業を忘れてベンチでうたた寝しちゃったり、担任でもないのに最後まで居残り授業に付き合ってくれたり。そしてたまに見せるびっくりするくらい優しい笑顔。そして、伊藤に恋してしまったまっすぐ過ぎる響の想いが、ゆっくりと伊藤の心を溶かし始めていることを、響はまだ知らない。最後に“きちんとフラれるため”と向かった屋上で、伊藤は突然響を抱き寄せキスしてしまう。

作品URL:https://bit.ly/2X5fHNO

 

■dTVサービスサイト:https://video.dmkt-sp.jp/

 
pagetop