Watch

文部省監修の長篇記録映画『關東大震大火實況』全篇を公開!【国立映画アーカイブ】『関東大震災映像デジタルアーカイブ』サイトを開設

国立映画アーカイブは、同館が所蔵する関東大震災関連の映画を公開するWEBサイト『関東大震災映像デジタルアーカイブ』を国立情報学研究所と共同で開設・公開した。

 

本サイトでは、文部省が監修し、全国規模での普及を図った長篇記録映画『關東大震大火實況』(1923年、文部省社會教育課製作・配給、64分)の全篇が視聴できる。

 

巨大災害の実態と社会の変容を、現在の共有知にするための本サイトでは、震災発生の1923(大正12)年9月1日から100年の節目を迎える2023年9月1日までに、2年をかけて、当館で所蔵する関東大震災関連の全ての映画を公開していく予定だ。

 

■『関東大震災映像デジタルアーカイブ』:

https://kantodaishinsai.filmarchives.jp/

〈サイトの特徴〉

撮影場所、シーン(写されている事象)で分類された「クリップ」単位での検索・閲覧が可能

・場所(現在の区名)=千代田、中央、港、文京、台東、墨田、江東、渋谷、横浜、不明

・シーン=火災、焼失、倒潰・損壊、避難、救助・救護・救援、避難生活の場、復旧、復興、皇族

また、撮影場所や時間の特定にあたり典拠とした資料の情報も掲載。

 

〈当館所蔵の関東大震災関連映画〉(今後公開予定)

『関東大震災実況』(日活、1923年)

『大正拾弐年九月一日 猛火と屍の東京を踏みて』(ハヤカワ藝術映画製作所、1923年)

『帝都大震災 大正十二年九月一日』[別題:大震災と三井](製作会社不詳、1923年)

など

 
pagetop