Watch

竹原ピストル×高畑充希×タナダユキ監督 福島中央テレビ制作ドラマ『浜の朝日の噓つきどもと』が第58回ギャラクシー賞テレビ部門“選奨”を受賞!映画化決定で今年秋に全国公開へ!

©福島中央テレビ


2020年に開局50周年を迎えた福島中央テレビが、“いま伝えたいメッセージ”と“福島の魅力”を全国に発信するために製作したオリジナルドラマ『浜の朝日の嘘つきどもと』が、放送文化の向上に貢献した番組や個人・団体を表彰するギャラクシー賞(放送批評懇談会)2020年度テレビ部門で「選奨」を受賞した。

左:菅澤プロデューサー/右:竹原ピストル


福島中央テレビ開局50周年記念作品として制作された本作。

監督・脚本は、福島中央テレビ(中テレ)のドラマ制作は2回目となるタナダユキ。

中テレのスタッフひとりひとりが、東日本大震災後に起きた様々な出来事を取材し、たくさんの人たちとの出会いの中から、心に残ったエピソードを集め、さらに、監督自らも福島を訪れ、見たもの、感じたことをひとつの物語に仕立てた「オリジナル脚本」の作品だ。

「どんな過去でも、どんな今日でも、明日を信じて前を向いて歩いてきた“福島”から、全国に想いを届けたい」という願いを込めて製作。

竹原ピストルと高畑充希がW主演し、福島県内で全編ロケが行われた。

 

■ドラマの前日譚が描かれる映画『浜の朝日の噓つきどもと』が、今年910日に全国公開!(福島県では827日より先行公開)

主演はドラマで竹原ピストルとW主演を務めた高畑充希。監督・脚本もドラマに引き続きタナダユキが務める。

震災後の福島・南相馬に実在する映画館を舞台に、病に倒れた敬愛する恩師との約束を守るため、閉館寸前の映画館【朝日座】再建に向け奔走するストーリー。

“嘘”から始まるハートフルな物語を通し、新型コロナウイルス感染拡大や相次ぐ自然災害など困難な状況に置かれているエンタメ文化へエールを送る。

予告編:



 

映画『浜の朝日の嘘つきどもと』

公開:2021年8月27日(金)より福島県で先行公開、9月10日(金)より全国公開

©2021 映画『浜の朝日の噓つきどもと』製作委員会


監督/脚本:タナダユキ

出演:高畑充希、柳家喬太郎、大久保佳代、甲本雅裕、佐野弘樹、神尾 佑、竹原ピストル、光石 研、吉行和子

主題歌:Hakubi「栞」(unBORDE)

配給:ポニーキャニオン

 

映画に関する情報はWEBやSNSなどを通じて随時発信。

公式WEBサイト:https://hamano-asahi.jp/

公式Twitter:https://twitter.com/hamano_asahi

 
pagetop