Watch

TVアニメ『ゲッターロボ アーク』7月4日(日)21時より放送開始!アフレコ現場最速レポート公開!!内田雄馬、向野存麿、寸石和弘のゲッターチーム3ショットを初公開!

1974 年に連載が開始された永井豪・石川賢による『ゲッターロボ』をはじめとしたロボット作品シリーズ≪ゲッターロボ・サーガ≫。その最終章となる『ゲッターロボ アーク』を原作とした最新TV アニメ『ゲッターロボ アーク』が、2021 年7 月4 日(日)21 時より放送開始となる。

左から向野存麿、内田雄馬、寸石和弘


この度、ゲッターロボに搭乗する主人公・流拓馬役を演じる内田雄馬。カムイ・ショウ役を演じる向野存麿。山岸獏役を演じる寸石和弘のゲッターチーム3人のアフレコ現場から、収録後の3ショットが初公開された。

そして、『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』『新ゲッターロボ』などの作品を手掛け、本作でも監督を務める川越淳監督からも熱いメッセージが到着した。

 

〈ゲッターチーム インタビュー&メッセージ〉

■お互いの印象は?

内田:すごく穏やかなチームだと思いますね。向野くんは10 代ですし、初めての現場ということなんですけど、そんなに物怖じしている感じがなくて。緊張感はもちろんあるんですが、自分のスタンスみたいなものをしっかり持っている人だなと思います。「個性が強いな」と感じますね。寸石さんは、(向野くんの)そういった個性を受け止めていらっしゃるのを見て、普段も周りの人を受け止めるタイプの方なのかなと感じています。

寸石:内田さんはチームを引っ張ってくれる「座⾧」というのもあって、すごく頼もしい存在です。一緒にお芝居をしていて、僕たちが演じやすい良い雰囲気を作ってくれています。

(向野)存麿くんは初めての現場ということもあって、大変なことも多いと思います。しかし、一つ一つの取り組み方が一生懸命で、その姿勢が応援したくなりますね。

向野:内田さんも寸石さんも業界の大先輩ですので、尊敬のまなざしで日々現場をご一緒させていただいています。内田さんは率先して、僕の疑問にも答えてくださったり、世間話をしてくれたりと、いつも僕を助けてくれます。内田さんも先ほどおっしゃっていましたが、穏やかで優しいチームですね。毎回楽しんでアフレコに臨んでいます。寸石さんは同じ事務所の先輩で、アフレコ後も一緒に帰りながら色々お話したりと、本当に僕のことを受け止めてくれていますね。演じるうえでは、カムイは獏を突き放すような間柄ですが、リアルの方では僕はすっぽり受け止められている。とてもありがたいです。

 

■放送までひと月を切りましたが、放送を楽しみにしている方に、メッセージをお願いします

内田:ゲッターロボシリーズというのはすごく⾧いシリーズで、(今回の原作が)2000年代頭の「アーク」という作品ですが、今の時代にこうやってアニメ化できるということは、本当に作品を⾧く⾧く愛してくださる人がいらっしゃるということだと思います。その想いや溜めてきたエネルギーというのを、何千倍にしてアニメーションに落とし込もう!と、全てのスタッフが熱いエネルギーで作っております。「何が起きたんだ?なんかわかんねぇけどすげぇ!これがゲッター線の力か?!」そう思っていただけるような、凄まじい迫力の物語になっております。

この『ゲッターロボ アーク』、初めての人もそうでない方も、是非ご覧ください。よろしくお願いします。

寸石:もうすぐ熱い“ゲッターの夏”がやって来ます。緊張と楽しみで胸がいっぱいですが、皆さまからの応援こそが、ゲッターのエネルギーにもなり、我々チームのエネルギーにもなります。これからのバトルシーンでの活躍の励みにもなります。どうぞよろしくお願いします。

向野:「ゲッターロボシリーズ」は、僕の歳の倍という歴史ある作品なのですが、こちらをデビュー作とさせていただけたのは、身に余る光栄です。これに応えられるよう、そしてこの混沌としたコロナ禍をゲッターロボの熱さでぶっ飛ばすような勢いで演じていきたいと思います。

現場で制作の方々とお話させていただくことがありますが、「ゲッターロボシリーズ」に対する愛情を皆さんからひしひしと感じています。愛は地球を救う。早乙女研究所の愛の力をもって、日本中に発信していきたいと思っています。よろしくお願いします!

 

○内田雄馬 プロフィール

アイムエンタープライズ所属。TV アニメ「BANANA FISH」「ぐらんぶる」など数々の人気作で主演を務める。第13 回声優アワード主演男優賞受賞。役者として高い評価を受ける。2018 年にはアーティストデビューなど、活動の幅を広げている。

○向野存麿 プロフィール

プロダクション・エース所属。北海道出身。役者を志し演技の勉強をしたのちに上京、新人ながらカムイ・ショウ役を射止め、今作がデビュー作品となり今後の活躍が期待される。

○寸石和弘 プロフィール

プロダクション・エース所属。吹き替え作品を中心に活躍。海外ドラマ「ウォーキング・デッド」シリーズでは「グレン」役で人気を博し、海外アニメ「アドベンチャー・タイム」ではプリズモのような透明感のあるキャラクターを好演。多くの作品で高校生から老人まで広く演じ分ける。

 

〈川越淳監督 インタビュー&メッセージ〉



■本作の依頼を受けてどのように感じましたか

川越:これまで何度も企画書を書いて出してきましたが、決まらなかったんです。今回の

話が最初に来た時「本当に決まるのかな」と。決まるのなら、ぜひやりたいと思いました。ただ、以前の「ゲッターロボ」を支えてくれていた様な力あるスタッフが集められるのか?という不安もあり、楽しみと不安と両方の気持ちがありましたね。企画の結構早い時期に本橋秀之さんがキャラを描いてくれたんですが、それを見た瞬間に「このキャラで行けるなら絶対やりたい」と強く思いました。

僕は今まで「ゲッターロボ」を3作やってきましたが、それはすべて原作通りじゃありませんでした。今回初めて自分たちが原作にのめりこんでいた時のことを思い出して作れる機会が出来たと思います。「本当にやれるんだな」という思いが強いです。

■『ゲッターロボ』の世界をどのように感じていますか

川越:石川賢先生の原作は、壮大な世界観のなかで、ちっぽけな少年たちが突き進む姿が素晴らしい。とても敵わない相手に、ガムシャラに向かっていく。そこに魅力を感じています。

■放送開始を楽しみにしている皆様に一言お願いします

川越: スタッフ一同、力と思いを込めて一生懸命作っていますので、ぜひご覧ください!

 

○川越淳監督プロフィール

1957 年12 月24 日生まれ、千葉県出身。19 歳よりアニメーターになり、現在に至る。主な監督作はOVA『真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日』『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』『新ゲッターロボ』TV アニメ『サイボーグ009 THE CYBORGSOLDIER』映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』など多数。

 

アフレコ現場レポート・川越監督インタビューは『ゲッターロボ アーク』公式Twitter(@getterrobot_arc)でも紹介されている

 



『ゲッターロボ アーク』のTV 放送開始を記念して、これまでの『ゲッターロボ』TV シリーズとOVA の全作商品(TV シリーズはDVD、OVAはBlu-ray)をセットにして抽選で3名にプレゼントする“『ゲッターロボ』旧作シリーズまるっと全作全話プレゼント”Twitter キャンペーンの実施中。

『ゲッターロボ アーク』公式Twitterアカウントをフォローの上、キャンペーン参加対象ツイートをRTすることで参加できる。

<『ゲッターロボ』旧作シリーズまるっと全作全話プレゼント>

実施期間:2021 年~7 月4 日(日)まで

応募方法:『ゲッターロボ アーク』公式Twitterアカウントをフォローの上、キャンペーン参加対象ツイートをRT

 

■元編集者・中島かずきさんが語る! 『ゲッターロボアーク』公式サイトではスペシャルコンテンツの第1 回を好評配信中!第2回は本日18 時公開!!



劇作家・脚本家であり、双葉社在籍時代には「真ゲッターロボ」「ゲッターロボアーク」の編集を担当していた中島かずきが、アニメ評論家の藤津亮太とともにトークを繰り広げていくスペシャルコンテンツを公開中。

公開済第1 回のテーマは「『ゲッターロボ』との出会い」について。また、本日18 時に公開になる動画では『真ゲッターロボ』への道を中島が語る。

動画は全4 回。毎週金曜日18 時にアップ予定。

第1回動画:



 

■『真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日』バンダイチャンネルでの期間限定無料配信開始!『ゲッターロボ アーク』放送に合わせ、OVA 版「ゲッターロボ」三作品がバンダイチャンネルにて順次期間限定無料配信を実施!!



バンダイチャンネルでは『真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日』の配信が開始。無料期間はどなたでも視聴可能だ。

【OVA 版「ゲッターロボ」三作品】

*配信作品… 『真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日』(全13 話)、『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』(全4 話)、『新ゲッターロボ』(全13 話)

<見放題配信>6月10日より 順次配信スタート

バンダイチャンネル/Hulu/ニコニコチャンネル(2021 年7 月31 日(土)12:00 まで)※『真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日』のみの実施/d アニメストア/ひかりTV/アニメ放題/U-NEXT

※配信期間は配信サービスによって異なる場合もあり。詳しくは取扱いの配信サービスにて確認。

<バンダイチャンネル期間限定無料配信> https://www.b-ch.com/

OVA 版「ゲッターロボ」三作品期間限定無料配信

『真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日』2021 年7 月4 日(日)23:59まで

『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』 2021 年6 月22 日(火)12:00~2021 年7 月4 日(日)23:59

『新ゲッターロボ』 2021 年6 月25 日(金)12:00~2021 年7 月4 日(日)23:59

※無料期間内はどなたでも視聴可能

 

■『ゲッターロボ アーク』について

『ゲッターロボ アーク』は、『ゲッターロボ』をはじめとする《ゲッターロボ・サーガ》の最終作品。《ゲッターロボ・サーガ》とは、『ゲッターロボ』から始まる「ゲッターロボ」諸作品の総称。原点である『ゲッターロボ』は、合体変形ロボットの金字塔を打ち立て、その後、数々の作品で「合体変形」の魂が継承されている。

「ゲッターロボ」シリーズは、その後『ゲッターロボG』(1975~)、『ゲッターロボ號』(1991~)、『真ゲッターロボ』(1997~)と描き続けられ、2001 年に双葉社のアクションピザッツ増刊「スーパーロボットマガジン」に連載開始されたのが『ゲッターロボ アーク』だった。その後、石川賢が急逝。『ゲッターロボ アーク』も《ゲッターロボ・サーガ》も未完の名作となる。

今回制作されるアニメーションでは、監督に『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』『新ゲッターロボ』などの作品を手掛けた川越淳を迎え、アニメーション制作はOVA「ゲッターロボ」シリーズのBee・Mediaと『装甲娘戦記』のstudioA-CAT が担当。原作の特徴をより色濃く反映させ、見ごたえのある作品を作りあげる。

また新たなゲッターロボに搭乗する主人公・流拓馬役に内田雄馬、カムイ・ショウ役に向野存麿、山岸獏役に寸石和弘が出演。さらに神隼人役を『真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日』(1998 年~)をはじめとする『ゲッターロボ』シリーズでも同役を担当した内田直哉が演じる。またJAM Project の新曲「Bloodlines~運命の血統~」が本作のオープニングテーマに決定。本作の世界を盛り上げる。シリーズ誕生から47 年。「ゲッターロボ」が放つ、迸るような“熱き魂”が、令和の閉塞と混沌を突き破る。

 

 

『ゲッターロボ アーク』

2021 年7 月4 日より「AT-X」毎週日曜21 時ほかにて放送開始









〈キャスト〉

流拓馬:内田雄馬

カムイ・ショウ:向野存麿

山岸獏:寸石和弘

神隼人:内田直哉



■スタッフ

企画:ダイナミック企画

原作:永井豪・石川賢

監督:川越淳

構成・脚本:早川正

キャラクターコンセプト:星和弥

キャラクターデザイン:本橋秀之

ロボット・コンセプトデザイン:堀井敏之

プロップ・メカデザイン:岩畑剛一/森木靖泰/鈴木典孝

美術監督:根岸大輔

美術設定:滝口勝久

CGI 監督&CG デザイン:後藤優一

音響監督:なかのとおる

音楽:栗山善親/寺田志保

音楽制作:ランティス

主題歌:JAM Project

アニメーション制作:Bee・Media×studioA-CAT

製作:真早乙女研究所

 

公式サイト:https://getterrobot-arc.com/

公式Twitter:https://twitter.com/getterrobot_arc

公式Facebook:https://www.facebook.com/getterrobot.arc/

 

©永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所

 

【放送・配信情報】

■放送情報

AT-X:7月4日より毎週日曜21:00~/リピート放送 毎週水曜28:30~、毎週日曜6:00~

TOKYO MX:7月4日より毎週日曜23:00~

BS スカパー!:7月5日より毎週月曜23:30~ ※無料放送/リピート放送 毎週日曜24:30~ ※無料放送

BS11:7 月6 日より毎週火曜 24:30~

※放送日時は予告なく変更になる可能性もあり

■配信情報

<特別先行配信>7月4日(日)23:30より 特別先行配信

バンダイチャンネル、Hulu

<BS スカパー!同時配信>7月5日(月)より 毎週月曜日23:30~

スカパー!オンデマンド ※BS スカパー!の同時配信。※リピート放送の同時配信もあり

<見放題配信>7月10日(土)12:00より 順次配信スタート

Amazon プライムビデオ/アニメ放題/J:COM オンデマンド/d アニメストア/dTV/Netflix/ひかりTV/milplus/U-NEXT

<都度課金配信>7月4日(日)23:30 より 順次配信スタート

Prime Video(レンタル対象)/GYAO!ストア/J:COM オンデマンド/TSUTAYA TV/TELASA/DMM.com

ニコニコチャンネル ※第2話以降、ニコニコ生放送終了後の毎週日曜23:00より1週間無料視聴可

HAPPY 動画/バンダイチャンネル/ひかりTV/ビデオマーケット/milplus/music.jp/ムービーフル/Rakuten TV

<見逃し生放送>7月10日(土)12:00より 順次配信スタート

GYAO!/ニコニコ生放送

※配信開始日程・配信期間・配信価格は配信サービスによって異なる場合あり

詳しくは取扱いの配信サービスにて確認のこと

 
pagetop