Watch

レオンとクレアに迫る最大の危機!未だ誰も体験したことのない“真の恐怖”が生み出される!!Netflixオリジナルアニメシリーズ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』7月8日(木)、全世界独占配信決定!!



1996年にゲーム第1作が発売され、今年シリーズ25周年を迎えた、全世界でシリーズ累計出荷本数1億1千万本以上を超えるサバイバルホラーゲームの金字塔「バイオハザード」が、シリーズ初の連続 CG ドラマ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』として、2021年7月8日(木)よりNetflix にて全世界独占配信される。

キーアート


『バイオハザード:インフィニット ダークネス』は、「バイオハザード」シリーズの人気キャラクター、レオン・S・ケネディと、クレア・レッドフィールドの2人を軸に物語が展開するホラーアクション。

「海猿」シリーズ、「MOZU」シリーズ、映画『太陽は動かない』など、日本を代表する大作実写作品で高い評価を博している羽住英一郎監督が初めて手掛けるアニメ作品となる。

製作・原作監修には、数々の「バイオハザード」シリーズを世に送り出してきたカプコンの小林裕幸プロデューサーが参加。

制作プロデュースには、様々なアニメ作品を生み出しているトムス・エンタテインメント、『バイオハザード:ヴェンデッタ 』で制作プロデューサーを務めた、宮本佳率いるQuebicoがフル3DCGアニメーション制作を担当。

壮大な音楽を手掛けるのは、TV、アニメ、ゲーム音楽など様々なジャンルで活躍を見せる菅野祐悟など、錚々たるメンバーが集結。

また、『バイオハザード:ヴェンデッタ』など数々のハイクオリティな作品を手掛けたトニー石塚が、クリエイティブアドバイザーとして本作にも参加している事がわかった。

日本語吹き替えキャストには、レオン役を森川智之、クレア役を甲斐田裕子が演じる。歴代「バイオハザード」ファンに支持されてきた二人の共演にも注目だ。

 

このたび、世界中の期待が高まっている本作の配信日が、7月8日(木)に決定。併せて待望の本予告映像とキーアート、そして新キャラクターが解禁された。

本予告映像には、悪夢のような戦場、ゾンビの襲撃、絶体絶命のレオンとクレア、謎に包まれたタイラントなど本作の重要なヒントが散りばめられており、壮大なスケールで迫ってくる映像に圧倒される。

■本予告:



ホワイトハウスで起こったゾンビ事件に端を発したレオンたちの捜査は、6年前のペナムスタンで起きた悪夢につながっていく。マッドドッグス隊が現地で見たものには、国家を巻き込んだ恐ろしい陰謀が隠されていたのだった。その真相に向かって、レオン、クレアをはじめ、ペナムスタンの英雄のジェイソン、合衆国エージェントのシェンメイ、新米エージェントのパトリック、レオンに信頼をよせているグラハム大統領、強硬派政治家のウィルソン国防長官、ウィルソンと意見が異なるライアン大統領補佐官ら、登場人物たちの思惑が絡み合っていくが、更に平和を覆す“恐怖”が迫っていた――。



(左から)レオン・S・ケネディ、クレア・レッドフィールド、ジェイソン、シェンメイ



(左から)パトリック、グラハム大統領、ウィルソン国防長官、ライアン大統領補佐官

 

Netflixオリジナルアニメシリーズ

『BIOHAZARD:Infinite Darkness』

(『バイオハザード:インフィニット ダークネス』)

Netflixにて2021年7月8日、全世界独占配信 全4話

Netflix作品ページ:https://www.netflix.com/biohazard_anime

〈スタッフ〉

原作・製作・監修:株式会社カプコン

監督:羽住英一郎

脚本:武藤将吾、羽住英一郎

エグゼクティブプロデューサー:小林裕幸(カプコン)

製作プロデューサー:篠原宏康(トムス・エンタテインメント)

プロデューサー:古屋厚(ROBOT)

CGプロデューサー:宮本佳(Quebico)

フル3DCGアニメーション制作:Quebico

制作プロデュース:トムス・エンタテインメント

クリエイティブアドバイザー:トニー石塚(Sony Pictures Entertainment)

音楽:菅野祐悟

〈日本語吹き替えキャスト〉

レオン・S・ケネディ:森川智之

クレア・レッドフィールド:甲斐田裕子  他

 

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

 
pagetop