Watch

アニメーション映画『映画大好きポンポさん』今夏デビューの期待の新人を平尾監督が大抜擢!主題歌はKAMITSUBAKI STUDIOの新星・CIELに決定!!



映画愛に満ちあふれ、pixiv上では80万ビュー超え、「このマンガがすごい!」の「マンガ大賞」に入賞など、多くのファンを生み出してきた話題作、『映画大好きポンポさん』(原作:杉谷庄吾【人間プラモ】)。

映画を愛する青年と映画に愛された女性が映画制作を通して”自分”を見つけ出す本作が、充実のスタッフ、声優陣によりアニメーション映画化。2021年6月4日(金)より公開される。

若手注目俳優の清水尋也と大谷凜香、人気声優の小原好美をメインキャストに迎え、生き生きと描き出される映画制作の面白さと楽しさ、そして映画監督の尽きない探究心。映画ファンやクリエイターだけではなく、夢と未来を掴もうとするすべての人に贈る、青春“ものづくり”フィルムが誕生した。

この度、本作の主題歌を、新進気鋭のクリエイティヴレーベル・KAMITSUBAKI STUDIOから新たに送り出される期待の新人・CIELが担当することが発表された。

KAMITSUBAKI STUDIOのオーディションで見出され、全くの無名ながらも平尾隆之監督の指名により、作品の“顔”となる主題歌アーティストに大抜擢を受けたCIELより、作品への愛を語るコメントも到着。主題歌「窓を開けて」は『映画大好きポンポさん』の劇場公開同日に配信シングルとしてリリースすることも決定した。

合わせて、同じくKAMITSUBAKI STUDIOに所属するEMA・花譜が歌う挿入歌2曲の配信情報とジャケットも解禁。

ジャケットは、『ソードアート・オンライン』シリーズ、『WORKING!!』など数々の人気作品のキャラクターデザインを手掛ける足立慎吾による花譜・EMAそれぞれを描き下ろしたイラストを使用。豪華なコラボレーションが実現した。

 

CIELデビュー配信シングル『映画大好きポンポさん』主題歌「窓を開けて」

作詞・作曲・編曲:カンザキイオリ

2021年6月4日(金)ダウンロード&ストリーミング スタート



鬱々とした毎日に呑み込まれそうになりながらも、勇気を出して一歩前に踏み出そうという前向きなメッセージが込められた楽曲となっている。

〈CIELコメント〉

自分を主題歌に起用して頂けるとは思ってもいなかったので、すごく驚きました。「窓を開けて」はこれまで挑戦した事のない雰囲気の楽曲だったので、映画の空気を壊してしまわないよう意識して歌いました。あと、歌詞が映画の内容に沿ったものなんですけど、自分の事を歌っている様な気がして、とても気に入っています。

軽快なテンポ感や音楽で、ストーリーがグングン進んでいく感じがすごくワクワクしました。ジーンくんの生き方や映画との向き合い方に自然と自分を重ねてしまい、気がつけば映画の世界に入り込んでいて、涙がでました…。何度でも観たくなる作品なので、是非みなさんにも映画館で観て頂きたいです。

〈CIEL.Official SNS〉

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCRvkXFtB70ZADg4L6A8L3wQ

Twitter:https://twitter.com/CIEL_VanillaSky

TikTok:https://www.tiktok.com/@ciel_vanillasky?lang=ja-JP

 

■挿入歌楽曲配信情報

2021年5月19日(水)先行配信リリース



「反逆者の僕ら」EMAfrom DUSTCELL



「例えば」花譜

足立慎吾書き下ろしビジュアルによるジャケットも完成!

 

■オリジナルサウンドトラック ジャケット解禁

『映画大好きポンポさん』オリジナルサウンドトラック



発売日:2021年6月4日(金)予約受付中

品番:EYCA-13276 価格:¥3,850(税抜 ¥3,500)

【収録内容】

・松隈ケンタ 書き下ろしBGM

・新妻聖子歌唱によるオープニングナンバー「Dance On Fire」

上記に加え、KAMITSUBAKI STUDIOカンザキイオリ書き下ろしの主題歌・挿入歌3曲を収録

・挿入歌①:EMA(from DUSTCELL)「反逆者の僕ら」

・挿入歌②:花譜「例えば」

・主題歌: CIEL「窓を開けて」

※収録内容・商品内容は予定。予告なく変更になる場合もあり

 



監督・脚本を務めるのは『劇場版「空の境界」第五章 矛盾螺旋』、『GOD EATER』などを手がけてきた平尾隆之。キャラクターデザインは『ソードアート・オンライン』シリーズ、『WORKING!!』の足立慎吾。アニメーションは『この世界の片隅に』チームが立ち上げた新進気鋭の制作会社CLAPが担当する。



〈ストーリー〉

敏腕映画プロデューサー・ポンポさんのもとで製作アシスタントをしているジーン。映画に心を奪われた彼は、観た映画をすべて記憶している映画通だ。映画を撮ることにも憧れていたが、自分には無理だと卑屈になる毎日。だが、ポンポさんに15秒CMの制作を任され、映画づくりに没頭する楽しさを知るのだった。

ある日、ジーンはポンポさんから次に制作する映画『MEISTER』の脚本を渡される。伝説の俳優の復帰作にして、頭がしびれるほど興奮する内容。大ヒットを確信するが……なんと、監督に指名されたのはCMが評価されたジーンだった! ポンポさんの目利きにかなった新人女優をヒロインに迎え、波瀾万丈の撮影が始まろうとしていた。

〈キャスト〉

ジーン/ジーン・フィニ:清水尋也

ポンポさん/ジョエル・ダヴィドヴィッチ・ポンポネット:小原好美

ナタリー/ナタリー・ウッドワード:大谷凜香

ミスティア:加隈亜衣

マーティン/マーティン・ブラドック:大塚明夫

〈スタッフ〉

原作:杉谷庄吾【人間プラモ】(プロダクション・グッドブック)

『映画大好きポンポさん』(MFC ジーンピクシブシリーズ/KADOKAWA刊)

監督・脚本:平尾隆之

キャラクターデザイン:足立慎吾

演出:居村健治監督

助手:三宅寛治

作画監督:加藤やすひさ 友岡新平 大杉尚広

美術監督:宮本実生

色彩設計:千葉絵美

撮影監督:星名工魚山真志

CG監督:髙橋将人

編集:今井剛

音楽:松隈ケンタ

制作プロデューサー:松尾亮一郎

制作:CLAP

配給:角川ANIMATION

映画大好きポンポさん製作委員会

公式HP:https://pompo-the-cinephile.com/

 

©2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/映画大好きポンポさん製作委員会

 
pagetop