Watch

ラッピング列車に続く、肥薩おれんじ鉄道コラボ第2弾!『放課後ていぼう日誌』パネル展示やオリジナルデザイン切符発売中!!



TVアニメ『放課後ていぼう日誌』の舞台モデルである芦北町(熊本県葦北郡)。

昨年7月に豪雨被害を受けた肥薩おれんじ鉄道や芦北町の復興支援事業、そして芦北町の魅力を発信するために、アニメ舞台となった芦北町の美しい風景とそのキャラクターを車両全体にデザインしたラッピング列車が肥薩おれんじ鉄道で運行中だ。

今回、それに続くコラボ第2弾として、オリジナル切符の発売と、佐敷駅での漫画パネルの設置が決定した。



4月9日(金)からは、『放課後ていぼう日誌』キャラクターと肥薩おれんじ鉄道キャラクターのコラボデザインの特別切符を限定販売中。

漫画パネル展示イメージ


佐敷駅は「放課後ていぼう日誌」のアニメ第4話で登場した三敷駅のモデル。

こちらでは4月15日(木)より小坂康之先生による原作漫画のパネル展示を行う。

 

■『放課後ていぼう日誌』デザイン 1日フリー乗車券/わくわく切符 販売

概要:1日フリー乗車券と、土日祝日に使えるわくわく切符の2種類を『放課後ていぼう日誌』デザインとして限定販売

販売期間:2021年4月9日(金)~

販売価格:1日フリー乗車券:2,940円(小人1,470円)

わくわく切符:2,000円(小人・65歳以上1,000円)

販売箇所:肥薩おれんじ鉄道有人駅窓口

※各窓口営業時間を確認のこと

※わくわく切符は車内でも販売

販売枚数:各500枚(初回分)

 

肥薩おれんじ鉄道 HP 内『放課後ていぼう日誌』連携企画特設ページ:

https://www.hs-orange.com/orange-teibo-wt.html

 

■漫画コマパネルの佐敷駅展示

展示期間:2021年4月15日(木)~ ※2023年度まで展示を予定

展示場所:佐敷駅待合室内

展示内容:『放課後ていぼう日誌』(秋田書店「ヤングチャンピオン烈」連載中)の漫画コマを拡大したパネルを駅内に展示

※本展は、令和2年度肥薩おれんじ鉄道沿線活性化協議会事業(熊本県)として実施

 

『放課後ていぼう日誌』

海近くの田舎に引っ越してきた高校生の鶴木陽渚(つるぎひな)が、先輩の黒岩悠希(くろいわゆうき)との出会いで「ていぼう部」に入部することとなり、帆高夏海(ほだかなつみ)や大野真(おおのまこと)といった個性的な部員たちに囲まれ、釣りの楽しさに目覚めていく青春部活ストーリー。

2017年2月より「ヤングチャンピオン烈」(秋田書店刊)にて漫画連載を開始。現在は単行本が第7巻まで発売中。

2020年4月よりTVアニメを放送。釣り描写も丁寧に描き、マンガファンやアニメファンだけでなく、多くの釣りファンからも注目されている。

■TVアニメ『放課後ていぼう日誌』

公式サイト:https://teibotv.com/

公式Twitter:@teibo_bu

 

©小坂泰之(秋田書店)/海野高校ていぼう部
pagetop