Watch

野島伸司「物書きとしての限界値をとっぱらって楽しく書いた」と語る 野島伸司原案・脚本のオリジナルTVアニメーション『ワンダーエッグ・プライオリティ』2021年1月放送開始!

「高校教師」「家なき子」「高嶺の花」ほか話題のドラマを多く世に送り出した、脚本家・野島伸司が初めてアニメ作品の原案・脚本を手掛けるオリジナルアニメーション『ワンダーエッグ・プライオリティ』。

2020年12月16日に実施された制作発表会にて、第1弾PV、キービジュアル、スタッフ・キャスト・主題歌情報、放送・配信情報が解禁された。

■第1弾PV:



第1弾キービジュアル


キービジュアルにはメインキャラクターとなる4人の少女たちの姿が描かれており、キャラクターの声は主人公・大戸アイを本作品が初主演となる相川奏多が演じるほか、楠木ともり(青沼ねいる役)、斉藤朱夏(川井リカ役)、矢野妃菜喜(沢木桃恵役)と、若手実力派キャストが担当。

本作の主題歌はメインキャスト4人で構成されるユニット「アネモネリア」が務める。

制作発表会の模様(左から、若林・矢野・斉藤・楠木・相川・野島)


野島に加え、監督の若林信、メインキャスト4名が登壇した制作発表会では、野島は「アニメは、実写では絶対にできない表現もできる。物書きとしては限界値をとっぱらえるので、書いていて楽しかった」と語り、また若林監督について「監督はいい意味でヤバイ人。だから好きにやってくれるのがいいものができると思っています」とコメント。

本作がTVシリーズ初監督作となる若林は野島の脚本について「すごい力が宿っている脚本で、その力を弱めないように意識している」と語った。

大戸アイ役・相川奏多


本作が初主演となる相川は緊張をのぞかせながらも「右も左も分からないことばかりで、3人のお姉さんたちに助けてもらってばかりですが、アイを演じているのが相川奏多でよかった、と思っていただけるようがんばります!」と笑顔を見せた。

 

『ワンダーエッグ・プライオリティ』は1月12日(火)より日本テレビほかにて順次放送開始。配信はHuluとdアニメストアにて 毎週火曜日深夜24時より配信をスタート、その他配信サービスは翌日正午以降より随時配信となる。

 

『ワンダーエッグ・プライオリティ』

1月12日(火)より日本テレビほかにて順次放送開始
Hulu、dアニメストアにて 毎週火曜曜深夜24時より配信
その他配信サービスも翌日正午以降より随時配信 ※詳細は取り扱いの各配信サービスにて

■スタッフ
原案・脚本:野島伸司
監督:若林 信
キャラクターデザイン・総作画監督:高橋沙妃
コンセプトアート:taracod
デザインワークス:大鳥/絵を描くPETER
3DCG:Boundary
音楽:DÉ DÉ MOUSE/ミト(クラムボン)
制作:CloverWorks
製作:WEP PROJECT

主題歌:アネモネリア

■キャスト
大戸アイ:相川奏多
青沼ねいる:楠木ともり
川井リカ:斉藤朱夏
沢木桃恵:矢野妃菜喜

公式サイト:https://wonder-egg-priority.com/
公式Twitter:@WEP_anime





〈イントロダクション〉

脚本家・野島伸司がアニメの世界で紡ぎだす、 悩みもがく少女たちの物語――。

14歳の少女・大戸アイは、 深夜の散歩の途中で出会った謎の声に導かれ、 「エッグ」を手に入れる。

「未来を変えたいなら」
「今はただ選択しろ」
「さぁ、 自分を信じてー」
「エッグを割れー」

「エッグ」を割った先で、 アイを待つものとは……。

「高校教師」「薔薇のない花屋」ほか話題のドラマを数多く生み出してきた脚本家・野島伸司が手掛ける、 初のオリジナルアニメーション作品。

監督を務めるのは、 「22/7 あの日の彼女たち」のキャラクターPVをはじめ、 数多くのアニメ作品に携わる気鋭の演出家・若林 信。

そしてその強力タッグに、 キャラクターデザイン:高橋沙妃、 音楽:DÉDÉ MOUSE/ミト(クラムボン)、 制作:CloverWorksが加わり、 物語を描き彩る。

脚本家・野島伸司と、 アニメ界の若き才能が出会い紡がれた少女たちの物語。

クオリティの高い映像と音楽で繊細かつ鮮やかに描き出される、 完全新作オリジナルアニメーション――。

 

ⒸWEP PROJECT

 

 

 

 
pagetop