Watch

【TAAF2021】アニメ功労部門顕彰記念企画『マンガからアニメーションへ~名作劇場を創った人々~』オンライン配信決定! P.A.WORKSの想いを語る『SHIROBAKO』スペシャルステージも開催!

2021年3月12日(金)から15日(月)までの4日間、池袋にて開催される国際アニメーション映画祭《東京アニメアワードフェスティバル2021(TAAF2021)》より、新たな情報が解禁された。

 

『赤毛のアン』&『ちびまる子ちゃん』無料配信決定! アニメ功労部門顕彰記念企画『マンガからアニメーションへ~名作劇場を創った人々~』

昨年度と本年度のアニメ功労部門顕彰者の方々の功績を、『赤毛のアン』と『ちびまる子ちゃん』の上映と共にトークを交えて振り返る企画、『アニメ功労部門顕彰記念「マンガからアニメーションへ ~名作劇場を創った人々~」』を無料配信することが決定した。
トークゲストは、2020年度の受賞者である佐藤昭司(プロデューサー)、中島順三(プロデューサー)、小山明子(色彩設計)、そして2021年度の受賞者である瀬山武司(編集)、才田俊次(アニメーター)、羽佐間道夫(声優)の6人。
生活感のあるキャラクターと信じられる空間設定を登場させることで、それまで子供だけが見るものとされていた【マンガ映画】を家族で見る【アニメーション映画】という新しいジャンルへと導いた方々の制作の裏側を知り、長寿番組の秘密にも迫る内容だ。

■アニメ功労部門顕彰記念企画『マンガからアニメーションへ ~名作劇場を創った人々~』
配信日時:3月12日(金)20:00~ 24時間アーカイブ ※事前申し込み者のみ視聴可能
ゲスト:佐藤昭司(プロデューサー)、中島順三(プロデューサー)、小山明子(色彩設計)、瀬山武司(編集)、才田俊次(アニメーター)、羽佐間道夫(声優)
料金:無料
詳細:https://animefestival.jp/screen/list/2021merit02/

<企画内上映>
〇『赤毛のアン』第6話「グリーン・ゲイブルズのアン」

©NIPPON ANIMATION CO., LTD. Anne of Green Gables ™AGGLA


〈あらすじ〉
マシューとマリラは元々男の子を望んでいた。アンは、美しいグリーンゲイブルスから再び孤児院に戻ることを思うと憂鬱だった。マリラはいつものように坦々と家事をこなしている。一方マシューは、アンを残そうとマリラに話しを切り出せないでいる…。

〇『ちびまる子ちゃん』第1話「まる子、きょうだいげんかをする」

©さくらプロダクション 日本アニメーション


〈あらすじ〉
一冊のノートを巡って姉妹ゲンカが勃発!ジャンケンで負けたまる子は泣く泣くノートあきらめることに。悔しいあまり、なんとかお姉ちゃんをギャフンと言わせたいまる子は、お姉ちゃんのノートにこっそり落書きをするのだが…。

 

大人気アニメ『SHIROBAKO』スペシャルステージ開催決定!

©「SHIROBAKO」製作委員会


2020年に創立20周年を迎えたアニメスタジオ「P.A.WORKS」。その代表作『SHIROBAKO』を題材として、アニメーション制作について語るプログラムが開催される。

本作の主人公・宮森あおいの役割である「制作進行」についての話や、アニメーションの制作工程に関わるちょっとコアな話など、実際に現場で働く制作陣が登壇しトークを行う。

なぜアニメーションを作り続けるのか? P.A.WORKSの、そしてアニメーションの【未来】について語り合うステージだ。

『SHIROBAKO』から見るP.A.WORKSの想い
実施日時:3月14日(日)※3 プログラム実施
①14:00~14:40:「なぜ、僕らはこんなに万策尽きそうになるのか。」
②14:55~15:35:「作画と3 D アニメーションの過去と今」
③15:50~16:30:「P.A.WORKSはもがいてるんだ!」
登壇:
堀川憲司(株式会社ピーエーワークス 代表取締役)
相馬昭二(株式会社ピーエーワークス プロデューサー)
山本輝(株式会社ピーエーワークス ラインプロデューサー)
橋本真英(株式会社ピーエーワークス ラインプロデューサー)
永谷敬之(株式会社インフィニット 代表取締役)
井上俊之(アニメーター)
設楽友久(有限会社サイクロングラフィックス CG ディレクター)
会場:サンシャインシティ 噴水広場
料金:無料(当日申込を含めオンライン申込のみ)
※会場での観覧の他、同時オンライン配信も実施
詳細:https://animefestival.jp/screen/list/2021stage01/

〇『SHIROBAKO』とは



5人の夢追う女の子を中心に、シロバコの完成を目指し奮闘するアニメ業界にスポットを当て、日々起こるトラブルやクリエイティブな仕事ゆえに起こる葛藤や挫折、集団で作るからこそ起こる結束や衝突といったアニメ業界の日常を描いた群像劇作品。
5人が共に目指した夢への挑戦。その先に見出す希望へと続くサクセスストーリー。
そう、アニメの今がここにある…

 

 

TAAF2021新企画!『こどもWS「動く」~蜘蛛(クモ)の動きをつくろう~』

今回のTAAF では、子どもたちに向けたアニメーションワークショップをもうひとつ実施。『こどもWS「動く」~蜘蛛(クモ)の動きをつくろう~』では、カラフルなモールで作る蜘蛛を使い、生き物らしい動きを想像しながら、生命が感じられるような蜘蛛(クモ)の動きを作ることにチャレンジする。

■『こどもWS「動く」~蜘蛛(クモ)の動きをつくろう~』



日時:3月14日(日) ※2 回実施
①10:00〜11:30(受付 9:45〜10:00)/ ②13:00〜14:30(受付 12:45〜13:00)
会場:豊島区庁舎 1 階 としまセンタースクエア
定員:各回 25 名
対象:小学生とその保護者(家族単位での申し込み)
参加条件:新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、東京都内在住の同居の家族単位での申込みのみ。
参加費:500円 ※参加者1人につき500円。(例:4人家族で参加の場合、計2,000円)
申込方法:オンライン申込 抽選
応募期間:2月26日(金)12:00~3月5日(金)23:59まで
詳細:https://animefestival.jp/ja/kodomo2021


《東京アニメアワードフェスティバル2021(TAAF2021)》



日程:2021年3月12日(金)〜15日(月)

会場:東京都・豊島区池袋

公式HP:https://animefestival.jp/ja

 
pagetop