Watch

『バイオハザード』実写映画リブート版、ついに制作開始!!

全世界でシリーズ累計出荷本数1億本以上を超えるサバイバルホラーゲームの金字塔『バイオハザード』。この度、実写映画のリブート企画が始動した。

『バイオハザード』映像化の新しい企画としては、既に報じられているNetflixの実写ドラマシリーズ、及びCGアニメーションシリーズに続く、完全新作の劇場長編映画となる。

本作は、全世界興行収入総額12億ドルを超える前作の大ヒット実写映画シリーズから一新、ゲーム『バイオハザード』の世界観に重きをおいた完全に新しい映像作品となる予定だ。

本作を制作するのはコンスタンティン・フィルム。脚本・監督には「海底47m」等のヨハネス・ロバーツを迎え、新たな作品世界の始まりを描く。

 

物語は、1998年の運命の夜、ラクーンシティで繰り広げられる。

ゲームでおなじみのキャラクター達には魅力的なキャストを起用。

クレア・レッドフィールド役にカヤ・スコデラリオ(「メイズ・ランナー」)、ジル・バレンタイン役にハナ・ジョン=カーメン(「アントマン&ワスプ」)、クリス・レッドフィールド役にロビー・アメル(「アップロード」)、アルバート・ウェスカー役にトム・ホッパー(「アンブレラ・アカデミー」)、レオン・S・ケネディ役にアヴァン・ジョージア(「ゾンビランド:ダブルタップ」)、ウィリアム・バーキン役にニール・マクドノー(「Yellowstone」)。

 

———————————————————

■脚本・監督のヨハネス・ロバーツからのコメント

「私がオリジナルのゲーム第1作目と第2作目をプレイした当時に味わった心の底からの恐怖を、今回の映画で再現したく思っていると同時に、寂れたアメリカの小さな町で起こる現実味ある人間ストーリーを描く事で、現代の観客にとって、身近で共感できる作品にしたいと思っております」

———————————————————-

 

本作の日本での配給はソニー・ピクチャーズエンタテインメントとなり、劇場公開は2021年を予定している。

 

 

◆『バイオハザード』シリーズ

1996年に1作目『バイオハザード』がPlayStationで発売され、絶望的な状況から、武器やアイテムを駆使し生還していくという”恐怖”をゲームで見事に再現し、「サバイバルホラー」という新しいゲームジャンルを開拓した名作シリーズ。家庭用ゲーム機や携帯アプリなどで140作品以上もの商品展開がされているカプコンの人気コンテンツ。世界中で多くのファンを生み出し、その販売累計本数は全世界で1億本を超える。2021年には発売25周年を迎え、ゲーム最新作『バイオハザード ヴィレッジ』の発売を控えている。

 

main

『バイオハザード ヴィレッジ』 (英文表記:BIOHAZARD VILLAGE)

対応ハード:PlayStation®5、Xbox Series X、PC(Steam)

発売予定日:2021年発売予定

公式HP:http://www.capcom.co.jp/biohazard/village/

©CAPCOM CO., LTD.  ALL RIGHTS RESERVED.

 

 

『バイオハザード』公式アカウント

公式サイト:http://www.capcom.co.jp/game/biohazard/

Twitter:(@BIO_OFFICIAL) https://twitter.com/BIO_OFFICIAL

Facebook:https://www.facebook.com/bio.capcom/

YouTube:https://www.youtube.com/user/biohazard

 
pagetop